読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説のこと

アバランチです。こんにちは。

今回はいくつか紹介していきたいと思います。が、これは単なる紹介であって、

アフィリエイトでもなんでもありません。

ただ、気になったら観ていただければそれでいいです。

 

【今まで読んだ中での小説つれづれ】

私は読書家でもなんでもありませんが、本とは昔から接点がありました。

今からちょっとでもさわってみようかなーという方がいれば、参考程度に。

 

司馬遼太郎燃えよ剣』(新潮文庫) 

 私を歴史の世界に引き込んだ張本人その1。司馬遼太郎大先生です。

勝手に呼んでいます。

司馬作品は本当に散々読みましたが、この作品が一番だと思っています。

 

 あかほりさとるセイバーマリオネット(J)』

 なんだこの落差は。

ただ、私の予備校時代は『センチメンタルグラフティ』と『セイバー』に全部持って行かれたと言っても過言ではありません。

愛とは何か、生とは何かを教えてくれる作品です。正直、スレイヤーズより好きです。爆れつハンターも面白かったけど。

 

 乙一「夏と花火と私の死体」

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

 

 はい、私が小説家をあきらめた作品です。

当時乙一先生は14才だったかな…?ジャンプノベルでこれを読んで、こりゃあ無理だと思いました。「バクマン」のサイコーとシュージンがエイジの絵を見てそれでも…と思ったのが信じられないです。

 

 金城一紀「GO」

GO (角川文庫)

GO (角川文庫)

 

 大学4年のとき、鎌倉の某塾の入社試験に行ったのですが、前日入りしてしまい、時間があったので、近くの図書館に行って読んだ作品。

あっという間に読んでしまいました。

金城先生は天才だと思います。映画ももちろん観ました。山崎努がカッコイイんですよ。そしてあの頃の窪塚は輝いていた。

 

 佐藤多佳子しゃべれどもしゃべれども

しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)

しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)

 

 国分太一さんと香里奈さんの共演で映画にもなりましたね。

軽妙な語り口は、少年作品を書いているときの佐藤多佳子さんとはだいぶ違います。

(「風が強く吹いている」など)

映画もあとから見ました。

 

 高見広春バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル 上  幻冬舎文庫 た 18-1

バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1

 

第一作です。藤原竜也が七原を演じていますね。

僕は山本太郎が大好きなので、彼の川田はすごく好きです。

安藤政信さんもこの作品で知りましたね。あと、高岡蒼佑とかも出てたんですね…

とにかく衝撃でした。中学生が殺し合いをする…あれ…最近どっかで「殺せんせー」という言葉を見たような…

 

 高橋克彦炎立つ

炎立つ 壱 北の埋み火 (講談社文庫)

炎立つ 壱 北の埋み火 (講談社文庫)

 

とにかく渡辺謙村上弘明の作品。

小説ではオリジナルのメンバーも出てきますが…マイナーな藤原三代を扱っているだけに、やはり大河の威力が大きい。おすすめです。

 

 伏見つかさ俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
 

 …黒猫よ…

とにかく、個人的には五更瑠璃さんが気の毒な作品です。

そして、最後が自分の中では消化できませんでした。ニセコイもだけど!

 

まあこんなところです。最後がいまいちだなあ。

気になった方は本屋で手にとって見てください。

新たな発見があるかもしれません。